ピカソが描いたたくさんの子どもの絵

子どもが好きでないなら小児科医にならない方が良いかも知れません。

やっちー

学会に集まるのはもちろん大人ばかりですが、その大人たちの頭の中にあるのは子どもたちのことばかりです。優しい子どもの絵を描く人は多いのですが、私はピカソが描いたたくさんの子どもの絵に惹かれます。子どもが好きだけで小児科医にはなれないことは確かですが、子どもが好きでないなら小児科医にならない方が良いかも知れない。ピカソは大の子ども好き!

若手 S

度々描かれている息子のパウロの表情が可愛くて好きです!

若手 K

子供が好きな人が集まる学会、というのは素敵ですね

写真の説明はありません。
画像に含まれている可能性があるもの:1人、クローズアップ
画像に含まれている可能性があるもの:1人
画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる
画像に含まれている可能性があるもの:1人
写真の説明はありません。
白黒の「マヤ」の線描以外は、「壺齋散人の 美術批評」より引用

注:この記事は谷内江昭宏先生が第122回小児科学会学術集会@金沢のFacebook公式ページに投稿した内容を許可を得て若手小児科医グループで再編集し掲載したものです。谷内江先生の発言以外の記載・タイトル・追加情報は主に若手Sによるものです。

Follow me!

若手小児科医による特別企画に向けた事前アンケートのお願い

若手小児科医による特別企画を行うにあたり皆様からアイデアを募ることにしました。テーマは “あなたが学術集会会頭になったとき、実現させたい斬新な企画を教えてください!!” です。いいアイデアは当日や当サイトでご紹介させていただきますし、実際に小児科学会へ提言します。もちろん当日参加できない方の意見も大歓迎です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA