医療イノベーション創出への道を拓く

日本医療研究開発機構(AMED)理事長の末松誠先生にご公演いただけることになりました。

やっちー

末松誠先生に初めてお会いしたのは、今から20年以上前のことです。
当時生化学会に HO-1 欠損症の病態解析の仕事について演題応募したところ、抄録を見て金沢まで飛んで来られました。現在は AMED の理事長として超多忙な日々を過ごされていますが、当時は CO ガスの魅力に取り付かれて、慶應の生化学教室の研究室で肝臓の還流実験をされていたのを思い出します。
学会では今も続けておられる、 CO ガスを始めとしたガスバイオロジー研究の魅力をお話し頂きます。ERATO 末松プロジェクトを紹介した YouTube は良くできていますので、ご覧ください。末松先生はまた最近、お一人で Orphan を翻訳されました。AMED 理事長として、日本の IRUD 研究を推進する中でこの本の素晴らしさを紹介されています。

若手 T

いくつもの分野で日本のトップランナーでいらっしゃいます

若手 S

お話をお聞きできるのが楽しみです!

特別講演のご紹介
特別講演1
日時:4月19日(金)9:00〜9:40 
場所:第1会場 (石川県立音楽堂 2階 コンサートホール)
座長:高橋 孝雄(慶應義塾大学医学部小児科学教室)

ガスバイオロジーの医学への展開
演者:末松 誠(慶應義塾大学医学部医化科学教室)
画像に含まれている可能性があるもの:テキスト
画像に含まれている可能性があるもの:1人、テキスト、クローズアップ
画像に含まれている可能性があるもの:1人、食べ物

注:この記事は谷内江昭宏先生が第122回小児科学会学術集会@金沢のFacebook公式ページに投稿した内容を許可を得て若手小児科医グループで再編集し掲載したものです。谷内江先生の発言以外の記載・タイトル・追加情報は主に若手Sによるものです。

Follow me!

若手小児科医による特別企画に向けた事前アンケートのお願い

若手小児科医による特別企画を行うにあたり皆様からアイデアを募ることにしました。テーマは “あなたが学術集会会頭になったとき、実現させたい斬新な企画を教えてください!!” です。いいアイデアは当日や当サイトでご紹介させていただきますし、実際に小児科学会へ提言します。もちろん当日参加できない方の意見も大歓迎です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA