きらびやかな金沢の金箔文化

日本の金箔の実に 98% が金沢で生産されています。

やっちー

石川県と言えば伝統工芸。輪島塗、加賀蒔絵、山中塗、九谷焼、大樋焼、水引、加賀手毬、加賀友禅などなど、数多くあります。本多の森では、近々東京国立近代美術館工芸館が移設されるべく、工事が進んでいます。
そのような石川県の工芸の中でも他の追随を許さないのが金箔加工ではないでしょうか?実に日本の金箔の 98% が金沢で生産されています。金の延べ棒から、0.0001 mm の薄さにまで伸ばす過程は圧巻です。最近は装飾のみでなく、お料理やお菓子、さらにはお化粧品にまで利用されているようです。手頃なお土産品もたくさんあります。
写真は金沢金箔伝統技術保存会 HP、しゃかいか、HAKUZA、HAKUICHI などから引用。

若手 T

若手による特別企画でもちょっとした賞品を出そうと考えていますが、金沢らしい工芸品にできたらと考えています。

若手 K

工芸品は駅や土産店で手軽に購入することもできますね。

若手 S

観光地に行くとお寿司、ソフトクリーム、化粧品など、何にでも金箔がかかってるよ

画像に含まれている可能性があるもの:室内
写真の説明はありません。
画像に含まれている可能性があるもの:メイクアップ
写真の説明はありません。
画像に含まれている可能性があるもの:フルーツ、デザート、食べ物
写真の説明はありません。
画像に含まれている可能性があるもの:室内
写真の説明はありません。
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)
画像に含まれている可能性があるもの:食べ物
画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)
写真の説明はありません。

注:この記事は谷内江昭宏先生が第122回小児科学会学術集会@金沢のFacebook公式ページに投稿した内容を許可を得て若手小児科医グループで再編集し掲載したものです。谷内江先生の発言以外の記載・タイトル・追加情報は主に若手Sによるものです。

Follow me!

若手小児科医による特別企画に向けた事前アンケートのお願い

若手小児科医による特別企画を行うにあたり皆様からアイデアを募ることにしました。テーマは “あなたが学術集会会頭になったとき、実現させたい斬新な企画を教えてください!!” です。いいアイデアは当日や当サイトでご紹介させていただきますし、実際に小児科学会へ提言します。もちろん当日参加できない方の意見も大歓迎です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA