心肺蘇生;ホットトピックス

Pennsylvania 大学 Philadelphia 小児病院の教授でいらっしゃるRA Berg 先生に招請講演をお願いしました。

やっちー

招請講演2はやはり第一日目の午後、招請講演1と同じ時間帯です。
講演をお願いした RA Berg 先生は Pennsylvania 大学 Philadelphia 小児病院の教授で、小児循環器学をご専門とされています。当大学の BSL において、毎回 simulation 実習にご参加して頂いています。危機にある子どもを如何に救うか、心肺蘇生に関する最新の話題を提供して頂ける予定です。それにしても、この投稿を準備するために発見したフィラデルフィア小児病院の建物(数年前に新しく完成した、Buerger Center for Advanced Pediatric Care )の素晴らしさ!羨ましい限りです。
画像は病院のHP ならびに論文ファイルより引用。

若手 K

小児病院なのに規模が大きくてさすがアメリカですね!

若手 S

こんな病院で働いてみたい!

招請講演2 
Pediatric Cardiopulmonary Resuscitation:A Chance for YOU to Save a Life

日時:4月19日(金)15:10〜15:50 
場所:第6会場 (ホテル日航金沢 4階 鶴の間A)

座長
 高橋 勉(秋田大学大学院医学系研究科小児科学講座)

演者
 Robert A. Berg(Anesthesiology and Critical Care Medicine, Children’s Hospital of Philadelphia and University of Pennsylvania, USA)
特別企画3(国際シンポジウム)
小児救急蘇生領域を“科学”として昇華させるために
 〜 It’s Time to Act to Save Kids’ Lives 〜

日程:4月19日(金)16:00〜18:00
場所:第6会場 (ホテル日航金沢 4階 鶴の間A)

座長:
 Robert A. Berg(Anesthesiology and Critical Care Medicine, Children’s Hospital of Philadelphia and University of Pennsylvania, USA)
 清水 直樹(東京都立小児総合医療センター/福島県立医科大学ふくしま子ども・女性医療支援センター)

演者
 新田 雅彦(大阪医科大学小児科学教室/救急医学教室)
 谷口 巧(金沢大学医薬保健研究域麻酔・集中治療医学)
 Gene Ong(Children’s Emergency, KK Women’s and Children’s Hospital, Singapore)
 黒澤 寛史(兵庫県立こども病院小児集中治療科)
 Robert A. Berg(Anesthesiology and Critical Care Medicine, Children’s Hospital of Philadelphia and University of Pennsylvania, USA)

画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル
画像に含まれている可能性があるもの:空、雲、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:室内
画像に含まれている可能性があるもの:テキスト
写真の説明はありません。

注:この記事は谷内江昭宏先生が第122回小児科学会学術集会@金沢のFacebook公式ページに投稿した内容を許可を得て若手小児科医グループで再編集し掲載したものです。谷内江先生の発言以外の記載・タイトル・追加情報は主に若手Sによるものです。

Follow me!

若手小児科医による特別企画に向けた事前アンケートのお願い

若手小児科医による特別企画を行うにあたり皆様からアイデアを募ることにしました。テーマは “あなたが学術集会会頭になったとき、実現させたい斬新な企画を教えてください!!” です。いいアイデアは当日や当サイトでご紹介させていただきますし、実際に小児科学会へ提言します。もちろん当日参加できない方の意見も大歓迎です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA