次世代の学会企画エントリーが出揃いました!

本日開催された 若手による特別企画 〜日本の小児医療をもっとチームに〜 は無事に終了しました。約70名(一部の参加、見学のみの方を含む)の方に参加していただき、盛況のうちにフィナーレを迎えることができました。素晴らしいチャンスをくださった谷内江先生、先行き不安な企画であったにもかかわらず本日足を運んでくださった皆様、ご支援頂いた本当に多くの皆様に心から感謝を申し上げます。

「あなたが小児科学会会頭になったらやってみたい企画」というテーマで行われたワークショップにて立案された次世代の小児科学会企画、5つのエントリーが出揃いました!この中から最も多くの票を集めた企画一つが最優秀賞である『来年どうで賞』に認定され、実際に来年の小児科学会に提案されます!

以下A〜E班の企画書を読み、本当にやってほしい!ともっとも感じさせてくれた案に投票してください。投票は学会アプリから、投票機能を選択し、先月号の小児科学会誌に載っているパスワードでログインすると選択できるようになっています。締切は明日の夕方、18:30からの会員懇親会で御陣乗太鼓が鳴終わるまで!です。

もちろん、本日企画に参加していない方学会に来られていない方も投票可能です!!
むしろ参加した気分でぜひ投票してくださいね

企画書のタイトルを列挙します

A班:「ほっとする小児科医」になろうよ!
B班:こどもにかかわるプロ大集合! ~新たな繋がりで創るよりよい生育環境~
C班:実況コメントでホンネを語ろう!
D班:小児科の10年後はこうなる! ~各分野のエキスパートが未来を語る~
E班:地域対抗ウルトラクイズ

お世辞抜きでどれも良い!

適度に面白みがあって、それでいて実現可能性もちゃんと考えられている素晴らしい企画案ばかりです。

どれをえらぶかは…あなた次第です!

それでは順に詳細を見ていきましょう!

A班:「ほっとする小児科医」になろうよ!

目的

医学生・初期研修医、(他の学会に比べると参加の少ない)コメディカルにも小児科の楽しみ・喜びを知ってもらう!

企画の概要

  • ブース形式で、5-6人のグループで20-30分毎に各ブースを回る。見学も可能。
  • ブース内容:問診、実際の子どもに協力してもらう模擬診療・子どものあやし方を学ぶ、(想定疾患を準備しておいて)診断エラー学を学ぶ、内服薬の味見、心配性の親との面談 など。
  • 若手医師、コメディカル(認定看護師、保育士、薬剤師)などをメインに企画を立てる。

B班:こどもにかかわるプロ大集合! ~新たな繋がりで創るよりよい生育環境~

目的

未来の子供たちのための成育環境を“みんな”でつくる。

企画の概要

① 各業種のプロの講演「未来の子供のためにできること」 (子育てのプロ=保護者、保育士、おもちゃ屋さん、メディア関係者など医療従事者以外の方々) 

② グループセッション(医師、各業種のプロを混ぜて交流をもつ) 

  • 上記の一部始終をネット配信
  • 朝の会と夜の会も企画。朝は会の宣伝や交流。夜の会は飲み会(地域の名店を用意)

C班: 実況コメントでホンネを語ろう! 

目的

 医療従事者とこども、家族とのコミュニケーションを深め、フランクなコメントを 交換することで、お互いに何を求めているのかを理解する。 

企画の概要

 「理想の医療」「理想の医者像」「こうなる前に受診して欲しい」等、テーマを設けて、匿名の医師、こども、保護者同士のグループが30分ずつフリートークをする。その様子はライブまたは実況中継でワークショップ会場が聴講するが、その際に(例えば医師のトーク中であれば、こどもや保護者から)実況コメントを匿名で(ただし、グループは明かして)流す(TV番組で画面下に流れるツイッターコメント、Youtubeのコメント機能のようなもの)。ワークショップ会場では、そのコメントを受けてファシリテーターを中心にワークショップ参加者が30分ほどのディスカッションを行う。 ブース形式で、5-6人のグループで20-30分毎に各ブースを回る。見学も可能。

D班:小児科の10年後はこうなる! ~各分野のエキスパートが未来を語る~ 

目的

各分野の最先端を知り、今後小児科医はどうあるべきかを考える

企画の概要

  • 各分野のエキスパートに10年後の将来像を語っていただく
  • それを踏まえて、小児科医としては今こうあるべきだと提言してもらう
  • 最後に各分野のエキスパートと総合討論
  • 座長は学会の会頭
  • 各分野の選定は事前にネットによる事前アンケートを反映させる

E班:地域対抗ウルトラクイズ

目的

若手の学会参加を促す!地域の垣根を越えて(都道府県をまたいで)交流を増やす!ベテランと若手の団結力をアピール!

企画の概要

  • 医療分野を中心に様々なクイズを出題
  • 若手の地域別で3人ずつチームを組んで対抗戦で行う。(学会員からランダムで選ぶ)
  •  チーム(地域)のアピールも行う
  • 予選→決勝形式で、早押しや記述形式で回答
  • 難しい問題は、会場内やテレフォンで所属地域の参加者にヘルプを求められる
  • 勝ったチームには、地域に還元できる形のプレゼントを渡す。(学会に参加できなかった先生にも)例:次年度の学会の参加費が半額になるなど

Follow me!

若手小児科医による特別企画に向けた事前アンケートのお願い

若手小児科医による特別企画を行うにあたり皆様からアイデアを募ることにしました。テーマは “あなたが学術集会会頭になったとき、実現させたい斬新な企画を教えてください!!” です。いいアイデアは当日や当サイトでご紹介させていただきますし、実際に小児科学会へ提言します。もちろん当日参加できない方の意見も大歓迎です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA